ファジアーノ初観戦@カンスタ。くまモンさんも来ていた件。

11月15日(土)、はじめてファジアーノ岡山のホームゲームを観るために、カンコースタジアム(略称:カンスタ)に出掛けた。その前日に書いたこんな記事を書いていた。

J2ファジアーノ岡山がわずかに昇格プレーオフ進出の可能性を残している件。

遅くなってしまったけど、今回の記事は初観戦のレポート。写真たくさんで長い記事になったけど、良ければどうぞ。あまりサッカーの内容は含まれてないけど……

岡山県総合グラウンドへ乗り込む。

カンスタがある岡山県総合グラウンドには駐車場が500台分ほどあるが、ファジアーノ岡山ホームゲームの平均動員数は8,000人以上なので、みんなが車で直接乗り込むことはできない。岡山駅から15分ほどの場所なので駅から歩く人もいる。近くの有料駐車場に止めることもできるが、少し離れたところにある臨時駐車場(500円)に車を止めて、無料のシャトルバスでカンスタに向かうことも出来る。

シティライトスタジアム アクセス | スタジアム・練習場一覧 | ファジアーノ岡山 FAGIANO OKAYAMA

臨時駐車場を11:15頃に出発し、カンスタのある岡山県総合グラウンドに11:30頃に辿り着いた。

やって来ました、カンスタに。 #fagiano

Kenichiro Ishiharaさん(@ishiharaken)がシェアした投稿 –

秋の岡山県総合グラウンドを散歩。

キックオフは14:00予定。

まずは岡山県総合グラウンド(運動公園)内を散歩。いつも僕が壁打ちテニスしているところなので知った場所なのだけど。

テニス壁打ちガイド@岡山県総合グラウンド

紅葉の季節なので、それを目的に来ている人もいる模様。

紅葉してますな

Kenichiro Ishiharaさん(@ishiharaken)がシェアした投稿 –

落ち葉の掃除も大変そう

Kenichiro Ishiharaさん(@ishiharaken)がシェアした投稿 –

紅葉を撮る人たちを撮る

Kenichiro Ishiharaさん(@ishiharaken)がシェアした投稿 –

当日の最高気温摂氏16度、風も穏やか。公園で過ごすには良い季節。

▼いつも壁打ちをしている壁の様子を見に行くと、結構混んでいた。

テニス壁打ちもなかなか盛況。僕は今日はサッカー観戦。 #tennis #fagiano

Kenichiro Ishiharaさん(@ishiharaken)がシェアした投稿 –

試合前のイベント盛りだくさん。

いよいよカンスタに近づいていくよ。

いい天気。寒すぎず、暑すぎず。観戦日和かな。 #fagiano

Kenichiro Ishiharaさん(@ishiharaken)がシェアした投稿 –

Jリーグの試合当日のスタジアムでは、イベントがあったり、グルメ屋台が並んだりして、お祭りの雰囲気になるようで。この日も様々なイベントが用意されていた。

【11月15日熊本戦】ホーム最終戦、イベントのお知らせ

ステージ、パフォーマンス、グルメ、ショッピング、プレゼント……参加できるものも含めたお祭り感がスタジアム観戦の楽しさなんだろうなあと感じる。

くまモンさん。

この日、ファジアーノ岡山の対戦相手はロアッソ熊本。熊本といえば……

でた!くまもんさん! #fagiano

Kenichiro Ishiharaさん(@ishiharaken)がシェアした投稿 –

キックオフ時間14:00よりも早めに行った理由には、12:05開始のくまモンさんのステージを観たかった、というのもあるんだよね。人気にあやかって記事のタイトルにも入れてしまった。

▼くまモン体操、編集なしで2分46秒の動画。お時間ある方はどうぞ。

思っていた以上によく動く。体操をちゃんと観たい方はオフィシャルな動画探してね。

くまもんさん、踊り過ぎてダウン! #fagiano

Kenichiro Ishiharaさん(@ishiharaken)がシェアした投稿 –

体操以外にも、観客とのカラミとか、お姉さんとの掛け合いとかもありながら淀みない進行。最後には退場用の音楽にシンクロするように何度か振り返ってみせるなど、かなり創りこまれている様子。くまモンさん、全然ゆるくないぜ!*1

キャラクターたくさん。

普段のカンスタのイベントを知らないのだけど、やたらキャラクターが登場。

くまもんさんのあとに何やら寸劇がはじまった #fagiano

Kenichiro Ishiharaさん(@ishiharaken)がシェアした投稿 –

カンセジャーさん、キタ! って誰? #fagiano

Kenichiro Ishiharaさん(@ishiharaken)がシェアした投稿 –

カンセンジャーさんは山陽新幹線の公式キャラクターなのだ!

カンセンジャー:JR西日本

ファジ丸さん、どーもくんさん。キャラクター盛り沢山だな! #fagiano

Kenichiro Ishiharaさん(@ishiharaken)がシェアした投稿 –

ファジ丸さんは、ファジアーノ岡山のマスコットキャラクター*2

ドーモくんさんは、NHKさんでおなじみ。さすがにサイトが充実してるなあ。

どーもくんミュージアム|NHKオンライン

このお方のお名前なんでしたかね? #fagiano

Kenichiro Ishiharaさん(@ishiharaken)がシェアした投稿 –

このあと、友達から「カモノハシのイコちゃん!」だと教えられた。

イコちゃんコーナー:JRおでかけネット

なんだかキャラクターのJR西日本さん色が強いなあ、と思っていたら、この日のホームゲームは「JR西日本新幹線デー」だったのだ。JR西日本さん、ご支援感謝っす。

ファジフーズを満喫。

サッカー観戦の楽しみのひとつがスタジアムグルメ、という話をネットで見たことがある。

ファジアーノ岡山ホームゲームでカンスタで食べられるフーズは「ファジフーズ」と呼ばれ、遠征してくる相手チームのサポーターも含めて好評だとか。

【11月15日熊本戦】ファジフーズのご案内

この日僕が選んだのは、熊本戦限定フーズ「火の国そばめし」。限定って惹かれるねえ。

熊本戦限定「火の国そばめし」 #fagiano

Kenichiro Ishiharaさん(@ishiharaken)がシェアした投稿 –

これは旨し!明太子が入っていて味のアクセントに。あっという間に完食。

他にも迷ったメニューがあったし、このファジフーズ目当てにまたも来たいと思わせる味だった。

実は試合当日に、僕のカンスタデビューをtwitterで応援していただいた方がいらして(感謝!)、その方にもスタジアムグルメの楽しみをおすすめされた。確かに食べ物は大事。僕のようなはじめてユーザーがリピーターになる要素として「おいしい」という体験は強い。

座席は奮発してちょっと良い席。

試合前のイベントを堪能して、フーズも味わって、いよいよスタジアム内に入る。

カンスタにおけるファジアーノ岡山戦の座席は大まかに4つの分類があり、金額の高い方から「FAGIシート(指定席)」「SS指定席」「S自由席」「A自由席」となっている。

チケット・観戦 | ファジアーノ岡山 FAGIANO OKAYAMA

僕は今回奮発して「SS指定席」(前売り2,500円)をオンライン購入(QR引取)した。

QR引取の場合、オンライン購入後にQRコードが表示できるので、当日iPhoneを持っていくだけ(紙に印刷してもOK)。コンビニとかに引き取りに行く手間もなく、手数料もかからない。カンスタに着いたら、スタジアム前の発券コーナーでQRコードを提示して紙のチケットを受け取り、入場ゲートでは紙のチケットを持って向かう。

▼スタジアムチケット半券と臨時駐車場料金領収書。

今回選んだ席は、メインスタンドのほぼ真ん中あたり。僕が勝手に想像していたよりもピッチに近い印象。これが専用スタジアムだともっと迫力あるんだろうなあ。

試合前|ファジアーノ岡山2014ホーム最終戦@カンスタ – YouTube

カンスタは、ゴール裏のエリアが狭くなっていて、熱い応援をするサポーターは「GATE10」と呼ばれるバックスタンドのゴール寄りエリアに陣取る。

GATE10ってどんな所? « GATE10 : Official Web Site

そして、この日は新しいビッグフラッグが初お目見え。

【11月15日熊本戦】 ホーム最終戦 新・ビッグフラッグ登場

▼右側が新しいビッグフラッグ。

いよいよキックオフ!

試合は14:00過ぎにキックオフ。ちなみにこの日の主審は、ワールドカップでも笛を吹いた西村雄一さん。

ファジアーノはなかなか苦戦の模様。再三ゴール前まで攻めこまれる。ゴールネットを揺らされるもオフサイドの判定に救われるという場面も。押されているなあ、という印象ながら前半は0−0で終了。

スタジアムの生観戦で味わう雰囲気は楽しい。試合中バックスタンド側からは絶え間なく応援する歌声が響いてくるが、メインスタンド側では選手のプレーひとつひとつに反応して歓声やため息が上がる。ファジアーノの選手がドリブルで攻め上がれば「いけー!」という声が上がり、ディフェンスでピンチを避ければ拍手がわき、選手を後押ししたい場面では手拍子が起こる、惜しいチャンスが生かせなかったときはため息のちに拍手。それらがメインスタンドに付いている屋根に反響して、その生の音響に包まれる。

後半に入っても、お互い得点が入らないまま時間が経過する。ファジアーノにとっては、J1昇格プレーオフ進出可能性を残すためには絶対に勝利がほしい。じりじりするなか、ついに後半23分にファジアーノが先制!

先制点が入った時には、周りはみんな立ち上がって大歓声。この日一番の盛り上がり。当然僕も一緒に立ち上がろうとしたが、椅子に腰をぶつけてスムーズに立ち上がれず初心者ぶりを発揮した。それでもいい。残り20分ちょっと、このまま勝ってくれ!

ところが、後半44分に同点に追いつかれてしまった。結局1−1の引き分けで試合終了。

http://www.jsgoal.jp/news/_prog/view.php?press_code=00181785&search%5Byear%5D=2014&search%5Bmonth%5D=11&search%5Bkeyword%5D=(2015-02-27リンク切れに付き削除)

試合後は、ホーム最終戦ということもあり、セレモニーが行われた。

この日の試合結果により、来季J1昇格の可能性がなくなったこともあって、落胆の雰囲気。熱心なファン・サポーターの方にとってはつらい幕切れだろうと思う。でも、初心者の僕はこのほろ苦い感じも観戦の醍醐味だなあ、などと感じていた。スポーツ競技は、選手にも観客にも、時に残酷な結果を突きつけてくる。その悔しさ、無念さを感じることも、人生の糧となるはず*3。まあ、僕がまだライトなファンだから言えることかもしれないけど。

ファジアーノ初生観戦にして濃い内容だ。先制点に歓喜して、同点に追いつかれ、ロスタイムの得点を願い、引き分けに終わって落胆して、昇格を逃しした悔しさを味わった。満足できる観戦だった。

祭りのあと。

第41節のホーム最終戦で勝利を逃して、その時点ですでにJ1昇格プレーオフへの進出の可能性がなくなっていた。しかし、第42節カターレ富山とのアウェイゲームでは、ファジアーノ岡山が3−0で快勝。シーズン最終戦を勝利で締めくくった。

▼最終戦終了後の影山監督のコメント。

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00182077.html(2015-02-27リンク切れに付き削除)

ファジアーノ岡山の2014シーズンは、J2第8位で終了。来季のJ1昇格は叶わなかったが、クラブが消えてなくなるわけではない。監督や選手など、どういう体制で臨むのかはまだ分からないけど、少なくともファン・サポーターはJ2で戦うチームを地元で観ることができるのだ。

僕にとっては、はじめてにして今年最後のファジアーノ岡山スタジアム観戦体験。それはとても楽しく充実した時間だった。来年もカンスタのホームゲームに参加してみたい、全試合は無理だけど何度か行ってみたい、と思う。

*1:くまモンさんは大変お忙しい公務員だそうで。

くまモン隊出動内容一覧 | くまモンオフィシャルサイト
▼誰もが尋ねてみたいことを、皇后陛下がご質問あそばされた!
「くまモンさんはおひとりなの?」 皇后さまの予想外の質問に大慌て : J-CASTニュース

「くまモンさんはおひとりなの?」

▼グッズいろいろ。ちなみにAmazonさんで「くまモン」検索すると3万5千件以上ヒット(2014-11-25現在)。

*2:こちらの記事でもファジ丸さんのこと、ちょっとだけ紹介したよ。

J2ファジアーノ岡山がわずかに昇格プレーオフ進出の可能性を残している件。


*3:でも、怪我で後遺障害が残ったり命を落としたりは避けてほしい。

スポーツで無理することについて。