稀勢の里関や高校球児の姿に「感動」する不安

2017年3月26日に千秋楽となった大相撲の春場所。けがをおして出場し続けた新横綱・稀勢の里が、本割と優勝決定戦と2勝して、逆転優勝を決めた。

大相撲春場所 稀勢の里が決定戦制して優勝 | NHKニュース

僕は、もちろん優勝は祝福したいけど、けがは大丈夫かと心配が先にきてしまう。

稀勢の里関は、13日目の取り組みで左肩付近を負傷して救急車で運ばれた。翌朝の記事では、師匠のコメントが。

師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は25日、「本人が出たいと言っている。本人に強い意志がある」と述べ、14日目の25日も出場することを明らかにした。
同日朝、けがの状態を本人に尋ねた田子ノ浦親方は「(痛みが)ましになっている。体も動く。本人も大丈夫と言っている」と語った。
けがの稀勢の里、出場へ=師匠「本人に強い意志」-大相撲春場所:時事ドットコム 2017年03月25日 10時10分

この時点で具体的なけがの程度は明らかではないけど、本当に大丈夫だったのか?残り2日出続けたために悪化させてないか?本人と師匠はもちろん判断しているのだろうけど、専門の医師が関与する体制にはなっているのか?

大相撲の安全管理の体制をよく知らないので、僕の余計な心配かもしれない。今回のけがの程度は出場は問題ないレベルだったのかもしれない。でも、自分の体の感覚や意志による判断でなく、客観的・合理的に将来のことまで考えた判断はあったのかどうか、気になっている。

同じ日に気になったのが高校野球。この時期に開催されている春のセンバツ高校野球の第7日第2試合・福岡大大濠ー滋賀学園の試合は延長15回で決着つかず再試合に。この日福岡大大濠の三浦投手は15回を1人で投げ抜き、投球数は196球。

疲れを感じた八、九回ぐらいには「誰かに代わってもいいかな」と思ったそうだが、腕を振り続けた。次の試合も引き分け再試合になり、仕切り直しの一戦は28日に。再試合も「投げたい」と話していた三浦にとって、1日の休養は力になりそうだ。
15回完投、エースの意地=高校野球・福岡大大濠:時事ドットコム 2017年03月26日20時08分

僕はもう何年も前から高校野球を観るのが辛い。登板数や投球数は本当に心配。先日のWBCでの球数制限の2倍くらい投げてるのでは?しかも連日連投。投球制限なり試合時間の短縮ルールなり日程の工夫なり必要じゃないかなと思う。

以前、スポーツで無理することを心配する気持ちを記事に書いたけど、今もその気持は変わらず。僕自身、全くレベルは違うけど、怪我に苦しんだ過去があるので。

スポーツで無理することについて。

競技者本人の「断固たる決意」は見る者に「感動」を呼び起こすことは分かるけど、競技者の今と将来をケガから守るために、客観的・合理的に必要なときは競技を止めさせるルールがあってほしいなと思う。1人のスポーツファンとして、安心してスポーツ観戦を楽しみたいと願うから。

「防災の日」に第3回作品検証会議実施。 – 映画『シン・ゴジラ』鑑賞

毎年9月1日は「防災の日」。この日を含む1週間は「防災週間」として防災知識の普及イベントや防災訓練が実施される*1

僕はそんな日に、日本が大災害に見舞われる空想特撮映画『シン・ゴジラ』を鑑賞した。

記事のタイトルには、作品のノリにあわせて「会議」と入れてしまったけど、実は1人で映画を見に行っただけ。強いて言えば、同じ劇場に集った人たちと一緒に作品に向き合った「会議」。そして、僕にとって3回目の鑑賞ということで「第3回」。

この記事では、なるべくネタバレせずに、僕の3回分の鑑賞記録と若干の感想を書き留めておきたい。

“「防災の日」に第3回作品検証会議実施。 – 映画『シン・ゴジラ』鑑賞”の続きを読む

3.11から4年。インターネット「で」できることを振り返った。

今日で東日本大震災発災から4年たった。今年は「3.11」東日本大震災から4年、「1.17」阪神・淡路大震災から20年。先日このブログではこんな記事を投稿していた。

阪神・淡路大震災から20年。

東日本大震災では、日本国内でかつてないほど広範囲が被災した。そして、多くの人が持っていた携帯電話・スマートフォンなどを使って、かつてないほど細やかで生々しい状況が大量にインターネットで伝えられたように思う。これは阪神・淡路大震災から比べると格段にインターネットが浸透していることを感じさせる。

ネット情報を見て知ったつもりになってはいけないけど、インターネットがあるから知ることができたことも多くあると思う。現地に行かなければできないことは当然あるけど、普段使っているインターネットでできることも増えてきたと思う。

インターネットのない頃はできなかったことが、今回インターネット「で」できるようになり役立っていることは多いと思う。そのすべてを纏めることはとてもできないけど、僕が関心を持った話題を少し書いてみたい。

“3.11から4年。インターネット「で」できることを振り返った。”の続きを読む

運転免許を更新して再認識した、LEDライトの大切さ。

先月、40歳の誕生日の誕生日を迎えて、「アラフォー」から正真正銘の「フォー」になった。スペシャルなイベントは無いのだけど、今年は運転免許の更新年。今回の記事は、岡山県運転免許センターにお出かけした日記。

“運転免許を更新して再認識した、LEDライトの大切さ。”の続きを読む