稀勢の里関や高校球児の姿に「感動」する不安

2017年3月26日に千秋楽となった大相撲の春場所。けがをおして出場し続けた新横綱・稀勢の里が、本割と優勝決定戦と2勝して、逆転優勝を決めた。

大相撲春場所 稀勢の里が決定戦制して優勝 | NHKニュース

僕は、もちろん優勝は祝福したいけど、けがは大丈夫かと心配が先にきてしまう。

稀勢の里関は、13日目の取り組みで左肩付近を負傷して救急車で運ばれた。翌朝の記事では、師匠のコメントが。

師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は25日、「本人が出たいと言っている。本人に強い意志がある」と述べ、14日目の25日も出場することを明らかにした。
同日朝、けがの状態を本人に尋ねた田子ノ浦親方は「(痛みが)ましになっている。体も動く。本人も大丈夫と言っている」と語った。
けがの稀勢の里、出場へ=師匠「本人に強い意志」-大相撲春場所:時事ドットコム 2017年03月25日 10時10分

この時点で具体的なけがの程度は明らかではないけど、本当に大丈夫だったのか?残り2日出続けたために悪化させてないか?本人と師匠はもちろん判断しているのだろうけど、専門の医師が関与する体制にはなっているのか?

大相撲の安全管理の体制をよく知らないので、僕の余計な心配かもしれない。今回のけがの程度は出場は問題ないレベルだったのかもしれない。でも、自分の体の感覚や意志による判断でなく、客観的・合理的に将来のことまで考えた判断はあったのかどうか、気になっている。

同じ日に気になったのが高校野球。この時期に開催されている春のセンバツ高校野球の第7日第2試合・福岡大大濠ー滋賀学園の試合は延長15回で決着つかず再試合に。この日福岡大大濠の三浦投手は15回を1人で投げ抜き、投球数は196球。

疲れを感じた八、九回ぐらいには「誰かに代わってもいいかな」と思ったそうだが、腕を振り続けた。次の試合も引き分け再試合になり、仕切り直しの一戦は28日に。再試合も「投げたい」と話していた三浦にとって、1日の休養は力になりそうだ。
15回完投、エースの意地=高校野球・福岡大大濠:時事ドットコム 2017年03月26日20時08分

僕はもう何年も前から高校野球を観るのが辛い。登板数や投球数は本当に心配。先日のWBCでの球数制限の2倍くらい投げてるのでは?しかも連日連投。投球制限なり試合時間の短縮ルールなり日程の工夫なり必要じゃないかなと思う。

以前、スポーツで無理することを心配する気持ちを記事に書いたけど、今もその気持は変わらず。僕自身、全くレベルは違うけど、怪我に苦しんだ過去があるので。

スポーツで無理することについて。

競技者本人の「断固たる決意」は見る者に「感動」を呼び起こすことは分かるけど、競技者の今と将来をケガから守るために、客観的・合理的に必要なときは競技を止めさせるルールがあってほしいなと思う。1人のスポーツファンとして、安心してスポーツ観戦を楽しみたいと願うから。

今季初勝利は劇的逆転、Cスタで1万人超が目撃した – 2017J2第4節ファジアーノ岡山vs京都サンガF.C. 観戦

サッカーJ2ファジアーノ岡山、前回ホーム戦は試合終了間際に同点に追いつかれた悔しい引き分け。その翌週第3節アウェー町田戦は、リードされてからオウンゴールで追いつき辛くも引き分け。今シーズンは未だ勝ちがない。

2017年3月19日(日)の第4節は、ホーム・シティライトスタジアム(Cスタ)に京都サンガF.C.を迎え撃つ。昨シーズン終盤は、J1昇格プレーオフ進出内での順位も争い、京都は第5位、岡山は第6位だった。

僕は今回もCスタに出かけてスタジアム観戦に臨んだ。Challenge1への集客、イベント、ファジフーズをチェック。試合内容もちょっとチェック。

“今季初勝利は劇的逆転、Cスタで1万人超が目撃した – 2017J2第4節ファジアーノ岡山vs京都サンガF.C. 観戦”の続きを読む

来えへんのかと思ったら、来んのか〜い! – 2017J2第2節ファジアーノ岡山vsロアッソ熊本 観戦

僕は大いに反省している。完全に油断していた。

プロサッカーJ2リーグの2017シーズンが開幕して1週間。僕の地元岡山のJリーグクラブ・ファジアーノ岡山は、2017年3月5日(日)リーグ戦第2節vsロアッソ熊本戦がホーム開幕戦となった。

今年もChallenge1、今年こそJ1昇格。昨シーズン1の夢の続きを実現する戦いの日々がいよいよ始まった。今季もシーズンパスを購入した僕2は、岡山市北区にあるシティライトスタジアム(Cスタ)に乗り込んだ。

先に試合結果を書くと、1-1の引き分け。ファジアーノ岡山が後半早々に先制して1-0。そのスコアのまま90分まで試合が進んだが、後半アディショナルタイムに同点に追いつかれ、悔しい引き分けに終わった。

期間が空いたので、僕は観戦者としての試合勘が鈍っていたかもしれない。試合時間90分になったあたりで、勝利の瞬間を味わう準備をしてしまっていた。明らかに僕の気は緩んでいた。もちろんピッチでプレーしていない僕がいくら気を抜こうと試合結果には影響しないのだけれども、油断して応援していたことを反省している。

実は、油断は試合前からあった。

スタジアム観戦の楽しみは、サッカー観戦のみにあらず。試合当日のスタジアムでのお祭り的雰囲気を最大限堪能したい。僕の場合は、イベントやファジフーズ(=スタジアムグルメ)の情報を公式サイトで事前に確認して、当日の行動を予めシミュレーションして臨んでいるのだ。

しかしこの日の僕にはやはり気の緩みがあり、危うく大事なイベントを見逃すところだったのだ。油断大敵。改めて心に刻むべく、ホーム開幕戦での僕の油断と反省を記しておきたい。

“来えへんのかと思ったら、来んのか〜い! – 2017J2第2節ファジアーノ岡山vsロアッソ熊本 観戦”の続きを読む

日本アカデミー賞7冠・映画『シン・ゴジラ』 ついにBlu-ray発売へ!

僕が2016年に一番ハマった映画は『シン・ゴジラ』。1

特撮怪獣映画としては異例の大ヒット。2016年の夏に公開されてからロングラン上映されて興行収入80億円突破。「発声可能上映」とか、#シンゴジ実況とか、新語・流行語大賞2016にノミネートとか、いろいろ社会現象にもなったと思う。

そんな『シン・ゴジラ』が、2017年3月3日に発表された第40回日本アカデミー賞において、最優秀賞7冠の快挙を達成した。

『シン・ゴジラ』作品賞を含む最多7冠で圧勝!【第40回日本アカデミー賞】(1/2) – シネマトゥデイ

  • 最優秀作品賞
     『シン・ゴジラ』
  • 最優秀監督賞
     庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)『シン・ゴジラ』
  • 最優秀撮影賞
     山田康介『シン・ゴジラ』
  • 最優秀照明賞
     川邉隆之『シン・ゴジラ』
  • 最優秀美術賞
     林田裕至/佐久嶋依里『シン・ゴジラ』
  • 最優秀録音賞
     中村淳(録音)/山田陽(整音)『シン・ゴジラ』
  • 最優秀編集賞
     庵野秀明/佐藤敦紀『シン・ゴジラ』

裏方の仕事ぶりが評価される、いかにも「らしい」受賞。めでたい!

我々はやはり、改めてこの作品をじっくり味わいたい……そんな想いに応えるように、2017年3月22日にBlu-ray&DVD発売、デジタル配信リリースとなる。情報を少しチェックしておこう。

Blu−ray特別版は、マニア心くすぐる特典映像332分!

映画『シン・ゴジラ』公式サイトによると、今回発売されるBlu-ray&DVDには次のようなラインナップ。

品名 価格
Blu-ray特別版3枚組 ¥6,800+税
Blu-ray特別版
4K Ultra HD Blu-ray同梱4枚組
¥8,800+税
Blu-ray2枚組 ¥4,800+税
DVD2枚組 ¥3,800+税

2つ目の「4K Ultra HD Blu-ray」を楽しむためは、対応した4KテレビとUltra HD Blu-rayプレーヤーが必要。これはうちにはないので、現実的に狙い目は「Blu−ray特別版3枚組」かな。

あとは、各販売店でのオリジナル特典でバリエーションが有るのかな。たとえばAmazon.co.jp限定版では「スチールブック付き」とか。

特別版特典映像尺|332分

こんなマニア心をくすぐる円盤を付けてくるか。やはり特別版3枚組がいいかなあ……

デジタル配信も2017年3月22日にリリース

上記のBlu-ray版はモノとして所有感はあるけれど、シンプルに本編を楽しむならデジタル配信版もいいかも。

iTunesStoreにおけるHD版の予約購入は2,500円(2017-03-04現在)。この価格をどう捉えるか?

デジタル配信の良いところは、自宅にブロードバンド回線があれば購入してすぐに観られるお手軽さと、所有する複数のデバイスで楽しめることかな。

たとえばiTunesで購入したものは、同じAppleIDで紐付いているデバイスどれでも観られる。Mac、iPhone、iPadはもちろん、AppleTVを持っていればHDMIケーブルでテレビに繋いで大画面で観られる。物理的なディスクに縛られないので、デバイスを持ち出して楽しむことも可能。

いまのところ確認できていないけど、他のデジタル配信プラットフォーム(Amazonビデオなど)でも配信されると思うので、自分の使いやすいところで購入すれば良いかな。

でも、映画館の大画面・大音響でまた観たいかも……

さて、Blu-rayなどで自宅で作品を楽しむ方法をチェックしておきながら、映画館で上映してくれないかと期待する気持ちもある。ゴジラの迫力を大画面・大音響で体感できる環境は自宅では難しいかと。

2017年2月にはIMAX版の限定再上映が実施されたけど、今回の日本アカデミー賞7冠を記念してまたリバイバル上映してくれないかな?僕は昨年一度だけIMAXで観ることが出来たけど、タイミングが合うならば遠征してでも体験したいなと思わせる魅力があると思う。

いずれにしても、僕の気に入った映画『シン・ゴジラ』が、こうして評価されて盛り上がるのは喜ばしい。まだまだ散財の機会があるということで、ある意味幸せなことなのかも。

ところでこの作品に関しては、僕が未だ手を出していないモノがたくさんあるのだけど、昨年から気になり続けているモノを最後にご紹介。

2017シーズン開幕準備。J2ファジアーノ岡山の2016年を振り返る。

ファジアーノ岡山2017シーズンパス

2017年も始まったばかりと思ってたら、もう2月が終わってしまう。そしてサッカーJリーグが開幕する季節になってしまった。J1は2月25日(土)から、J2は2月26日(日)から、J3は3月11日(土)からそれぞれスタート。

僕が応援している地元プロサッカークラブ・ファジアーノ岡山は、今年もJ2リーグでの戦い。その開幕戦は2月26日(日)に名古屋グランパスとのアウェー戦。そして3月5日(日)にはホーム・シティライトスタジアム(Cスタ)に於いて、ロアッソ熊本を迎え撃つ。

今年もファジアーノ岡山のホームゲームはできるだけスタジアム観戦したいと思っているので、昨年に引き続きシーズンパスを購入した。1

ファジアーノ岡山2017シーズンパス
2017年もシーズンパスを入手!
さて、J2リーグ開幕に備えて気持ちを高めるべく、ファジアーノ岡山の2016シーズンの激闘を振り返っておきたいと思う。要するに、以下は僕の拙いブログ記事まとめ。

“2017シーズン開幕準備。J2ファジアーノ岡山の2016年を振り返る。”の続きを読む