J2第39節ファジアーノ岡山vsカマタマーレ讃岐、瀬戸大橋ダービー。

(2016-08-17追記)2016年の瀬戸大橋ダービーはこちらをどうぞ。

https://ishiharaken.com/entry/2016/08/17/fagiano-vs-kamatamare


2015年11月1日。ダービーの日がやってきた。

サッカーJ2リーグ第39節のファジアーノ岡山の試合は、ホームのシティライトスタジアム(Cスタ)にカマタマーレ讃岐を迎える「瀬戸大橋ダービー」だ。

2015シーズンの終盤に設定された大一番。岡山にとっては、J1昇格プレーオフ進出への希望をつなぐために勝ちたい。讃岐にとっては、J2降格争いから抜け出すために勝ちたい。両者いつでも勝点3がほしいのは当然だけど、このダービーはそれぞれリーグ戦の試合としても大事な一戦。

ファジアーノ岡山の本拠地のある岡山と、カマタマーレ讃岐の本拠地のある香川は、地理的には間に瀬戸内海を挟んでいて、27年前に開通した瀬戸大橋でつながっている隣県。お互い身近に感じている意識があると思う。地上波テレビ局の放送エリアは岡山・香川にまたがっていたり、瀬戸大橋は道路と鉄道の併用橋なのでJRに乗って海を渡って行き来できたり。

岡山にお住まいでない方にはピンと来ないかもしれないので、参考までに隣県にあるJリーグクラブホームスタジアムとの距離・所要時間の比較してみた。岡山市内のCスタを起点として、Googleルート検索で自動車使用したケースを大雑把に調査。ちなみに、新幹線を使えばガンバ大阪やセレッソ大阪のスタジアムも2時間ほど。

県名 クラブ名 スタジアム 距離 所要時間
香川 カマタマーレ讃岐 Pikaraスタジアム 約60km 約1時間
鳥取 ガイナーレ鳥取 とりぎんバードスタジアム 約120km 約2時間
兵庫 ヴィッセル神戸 ノエビアスタジアム神戸 約150km 約2時間
広島 サンフレッチェ広島 エディオンスタジアム広島 約160km 約2時間

とうわけで、いま最もご近所で断然行き来しやすいJクラブ・カマタマーレ讃岐とのプライドを懸けた瀬戸大橋ダービーを観戦してきた。

岡山シーガルズもホーム戦試合日。

Cスタがある岡山県総合グラウンドには、バレーボール女子V・プレミアリーグの岡山シーガルズの本拠地であるジップアリーナ岡山(岡山県総合グラウンド体育館)もある。実はこの日は岡山シーガルズの試合も開催ということで、バレーボール観戦とサッカー観戦とで賑わっていたのだ。

▼ジップアリーナ岡山の前には行列も。

▼2015/16シーズンのV・プレミアリーグは、レギュラーラウンドは10月から1月、ファイナルステージは2月から3月。

▼フードが食べられるテント村も登場してるよ。

▼チーム名にちなんで。こ、これはセーフ?

入場待機列に並ぶ。

今日はダービーなのでいつもより混雑を見込んで、早めに入場して座席を確保しておこうかな。

▼伸びる入場待機列。ここまで並んだのは久しぶり?

▼本日のおみやげ。

▼そして、本日のイベントチェック。

武田氏とミサッキートークショー。そして恒例の試食タイム。えっ?今シーズンラスト?

この日は、地元の地上波テレビ局OHK岡山放送により実況生中継される試合。いつもOHKのファジアーノ戦中継ではあの男がやってくるのだ。

▼そう、ホリプロ所属のタレントにしてサッカー解説者・武田修宏さんだ!

▼同じ事務所所属の後輩であるミサッキーさん(=桃瀬美咲さん)と、実況担当OHKの堀靖英アナウンサーとの3人でのトークショー。

▼恒例の「監督と先輩後輩アピール」「監督オファー待ってるアピール」トークを展開しながら、何故かミサッキーさんとの距離を詰める武田氏。

こらっ!ミサッキーさんに近づきすぎや!それから、監督就任の件は慎重に検討した結果見送らせていただきます。武田様の今後のご活躍をお祈り申し上げます。

▼さすが人気の武田氏。

それよりもトークのなかで重大な情報開示があった。なんとミサッキーさん今シーズンの登場はこの日がラストとのこと。あと1試合残るホームゲームではミサッキーさんを観れないのか……。ちなみに来シーズンについては明言されず。ミサッキーさんは、このところ女優としての活動も東京でもお忙しそうなので、そんな事情もあるのかな。個人的には、来シーズンもファジアーノ岡山特命PR部女子マネージャーの桃瀬美咲さんの残留希望なんだけどなあ。

▼今シーズンラスト、ミサッキーさんの試食タイム。

▼ぜひとも来シーズンもCスタに登場してほしいな!

讃岐を食らうファジフーズ、釜玉風や骨付鳥。おまけに、たまごかけご飯。

ダービーということで、僕もいつも以上に気合を入れてファジフーズに挑んだ。試合前に讃岐を食らうべく選んだつもり。

▼本日のフーズをチェック!

▼讃岐戦限定「釜玉うどん風丼」。うどんとは言っていない。

▼ご飯が見えてて、完全にうどんではない。おいしい丼。

▼さらに、讃岐戦限定「こがしバターしょうゆの骨付鶏(ひな)」。骨付鳥は香川県丸亀市のご当地グルメ。

▼もともとファジフーズに骨付鳥あるのだけど、限定の味付けなのだ。

▼試合終了後、ファジフーズじゃなくて、前出の岡山シーガルズの試合開場前の屋台で「たまごかけごはん」にも手を出しちゃった。讃岐(香川)とは関係なくて、岡山県美咲町からやってきた。

▼シンプル。おいしくて一瞬でなくなった。ちなみに、岡山県美咲町にある人気店「食堂かめっち。」では、いろんなタレでおかわり自由で味わえるはず。

たくさんの讃岐サポーターでアウェー席はギッシリ。

スタジアムに入ると、いつもより混雑感が強いぞ!そして、特にアウェー席はカマタマーレ讃岐サポーターでギッシリ!

▼讃岐のチームカラー、サックスブルーで染まっている。

▼バックスタンドの埋まり具合。アウェー席はいっぱいだけど、ホーム側が少し空きが……。

▼選手入場前、岡山サポーターによる「Over the Rainbow」に負けていない讃岐サポーターによる「瀬戸の花嫁」。

youtu.be

讃岐サポーターの数、声、一体感。いずれも迫力あった。隣県とはいえ、たくさん駆けつけてくれてダービーが盛り上がってありがたい限り。一方、ホームの岡山側も普段より多いとはいえ、空席も見えてちょっと物足りない印象。讃岐サポーターの熱に負けないくらいの満員のホームサポーターで埋めたかったなあ。よし、もっと知り合いを誘わなきゃな。

▼なお、入場者数9,436人。1万人には届かず……。

試合は、岡山にとって厳しい敗戦。

ダービーという特別な舞台でもあり、シーズン終盤の昇格・降格のかかる大事な試合。どの試合も勝ちたいけど、今日は特に勝ちたい。

▼前半15分讃岐に先制されるも、18分に岡山が追いつき、1-1で折り返す。

▼ハーフタイム。ファジ丸さんも、戦っているぞ!

▼しかし後半に入り、讃岐が70分にPKからの勝ち越し点。そのまま1-2で試合終了。

▼昇格プレーオフ進出が限りなく遠のく敗戦になってしまった。

▼ミサッキーさんの今年最後の試合を飾れず残念。でもお疲れ様!

今期昇格可能性は第40節で消滅。キャプテンの言葉を噛みしめる。

第39節の讃岐戦での敗戦により、岡山はJ1昇格プレーオフ進出争いからほぼ脱落していた。瀬戸大橋ダービーから1週間後の第40節アウェーのFC岐阜戦において0-0の引き分けにより、プレーオフ進出すなわち今シーズンのJ1昇格可能性は完全になくなった。

第40節の試合後のキャプテン岩政選手のコメントが印象的だった。

プレーオフが消えたのは、この試合で消えたわけではなくて、1シーズン戦ってきた勝点で消えた。自分たちがいつも言っているように、リーグ戦の順位表というのは常に正当で正しい結果で、今日の試合云々ではなくて、自分たちの今年の力が昇格に届かなかったということ。いろんなエクスキューズがあるとしても、結果的に力が足りなかったということだけ。

2015年11月08日のブログ|ファジアーノスタッフのブログ

そうなんだなあ、結局1シーズン積み重ねてきた勝点の結果なんだなあ。J1昇格を逃したという結果は、実力なんだ。

僕がファジアーノの試合をスタジアムで観戦するようになったのは、昨シーズンの終盤になってから。今年2015年のシーズンは多くのホーム戦をスタジアム観戦して、アウェー戦の結果も気にするようになって、今年になってはじめてシーズンを通してファジアーノ岡山をウォッチしてきたという状況。

そんな日の浅い僕のようなライトなファンから見ても、勝ち切れない試合を見ていると、実力はまだJ1昇格には届かないレベルだったのだろうなと感じた。これは、観客動員でもまだまだ伸ばす必要を感じるし、サポーター層がもっと広がらないと、仮にJ1昇格したというだけでは継続できないように思った。

昨年ホーム最終戦セレモニーで、ファジアーノ岡山の木村社長があいさつで言及していた「何かが足りなかった」という状況は、今年もまだ足りないままであった、と感じている。でも、僕は全く悲観していない。ファジアーノ岡山というクラブはチャレンジする資格がある。少なくとも来シーズンはJ2リーグで戦えるし、その次はJ1リーグ昇格を果たしても驚かれることないはず。2015シーズンは残り2節だが、チームの実力を積み上げていき、サポーターの輪を広げていく道は続いていくんだ。