J2第35節ファジアーノ岡山vs水戸ホーリーホック戦で津山陸上競技場を初体験。

2015年10月4日(日)に実施されたサッカーJ2リーグ第35節ファジアーノ岡山対水戸ホーリーホックの試合は、岡山のホームゲームだがいつものシティライトスタジアム(Cスタ)ではなくて、岡山県北部の津山市内にある岡山県津山陸上競技場で開催された。

津山市は、普段のホームスタジアムであるCスタ(岡山市中心部)から北へ約60km。僕は普段なかなか津山あたりまで出かけることはなくて、津山陸上競技場も初体験。片道1時間半ほどドライブして初体験してきたよ。

初体験のスタジアム。

僕自身は初めてだけど、津山陸上競技場はファジアーノ岡山の試合会場として何度か使用されており、公式ウェブサイトにも掲載されている。ちなみに、なでしこリーグの岡山湯郷ベル*1の試合が実施されることもある。

岡山県津山陸上競技場 | スタジアム・練習場一覧 | ファジアーノ岡山 FAGIANO OKAYAMA

津山陸上競技場の収容人数は10,000人(Cスタは20,000人)。そのうち、座席ありのメインスタンドが5,000人、芝生席のバックスタンドが5,000人。そして、やはりスタジアムの駐車場には限りがあるので、無料臨時駐車場が用意された。

【10月4日(日)津山開催 水戸ホーリーホック戦】無料臨時駐車場と無料シャトルバスのご案内 | ファジアーノ岡山 FAGIANO OKAYAMA

僕は、臨時駐車場となっていた近くの小学校に車を停めて歩いてスタジアムへ。徒歩10分ほど。普段の岡山駅前からCスタまで歩くよりも近かった。

▼そしてスタジアム前に到着。

「アラウンド・ザ・日本三名園」。

この日の対戦相手・水戸と岡山のつながりといえば「日本三名園」。

○アラウンド・ザ・日本三名園

日本三名園(兼六園、後楽園、偕楽園)のおひざ元をホームタウンとする水戸ホーリーホック、ツエーゲン金沢、ファジアーノ岡山が協働で取り組む『アラウンド・ザ・日本三名園』。この試合では水戸ホーリーホックのホームタウンである水戸市が来場し、PRブースを設置いたします。

出典: 【10月4日水戸ホーリーホック戦】イベント情報のお知らせ | ファジアーノ岡山 FAGIANO OKAYAMA

▼納豆販売には間に合わず……。

ミサッキーさんも初体験。

毎度おなじみ、ファジアーノ岡山特命PR部女子マネージャーの桃瀬美咲さん(通称:ミサッキー)が来てくれてたよ。

▼ミサッキーさんもこのスタジアムは初体験、ワクワクしているとのこと。

▼ファジフーズ試食タイムは納豆入りのフーズを紹介。ミサッキーさん、納豆は大丈夫なん?

ファジフーズはミサッキーさんオススメのアレ。

▼津山開催でも手を抜かないファジフーズたち。

▼フーズ屋台前はいつもの雰囲気。

▼本日僕が食べたのは、ミサッキーさんも試食していた「秋さんまのねばねばメッシ!!」。

▼納豆&オクラのねばねばコンビと、さんまがマッチして美味しかったよ。

バックスタンドの芝生席から観戦。

普段のCスタでは、一番安いA自由席チケットでもメインスタンド側に席があるのだけど、このスタジアムでは座席のあるところはS席以上のチケット。僕はA自由席のハーフシーズンパス*2なので、そのまま入れるバックスタンド側の芝生席で観ることにした。

▼バックスタンドからの眺め(iPhone6でパノラマ撮影)。

▼いつもCスタのGATE10の人たちは、ゴール裏へ。

▼バックスタンド側。芝生に座ってピクニック気分かな。

▼はるばるアウェイの地に応援に駆けつけた水戸サポーターの皆さん。

▼非常に良い天気。この旗の下あたりで観ていたよ。

気持ちの良い快晴で暑いくらい。いつもは試合中は屋根のあるメインスタンドで観ているのだけど、この日は試合中も日光を浴びてけっこう日焼けした。

またも3-0で大勝!

市長の長い挨拶の後に始まった肝心の試合は、岡山3-0水戸の完封勝利!第32節群馬戦で3-0で勝ってからあまり間を置かずに大勝利。これでホーム4連勝、6戦負けなし!

▼ズバリ、この試合の結果。味のあるスコアボード。

▼試合後の選手。バックスタンドへ挨拶。

▼勝利の喜びで空中浮遊するファジ丸さん。

▼スタンドに近寄るファジ丸さん。

▼脚立上で「そんなの関係ねー」からのジャンプするファジ丸さん。ちょっとヒヤヒヤするぞ。

2015シーズン終盤。最後まで上り調子を期待。

夏の終わりの第30節の劇的勝利以降、好調を維持しているファジアーノ岡山。一時期降格の方を心配していたけど、逆に6位以内の昇格プレーオフ出場の可能性もまだ残っている状況。昨シーズンは終盤の大失速が辛かったけど、今シーズンは終盤を上り調子で駆け抜けて欲しいと思う。

津山開催になったこの日のスタジアム入場者数は4,346人。残りすべてのホームゲームでCスタが満員となっても「Challenge1」で取り組む平均1万人には届かないけど、1万人超えのCスタをまた見られるように期待したいなあ。

次のホーム戦も大事になりそう……と書いている時点でもう結果は出ているのだけど、それはまた次の記事で。

*1:岡山湯郷ベルは2015プレナスなでしこリーグ1部のレギュラーシーズンでは全10チーム中第7位だった。現在、エキサイティングシリーズの下位リーグ(下位4チームによる総当り2回戦)を戦っている。下位リーグの第4位は2部に自動降格、第3位は入れ替え戦という厳しさ。何とか踏みとどまってほしいなあ。

*2:ハーフシーズンパスこの日に買ったよ。

https://ishiharaken.com/entry/2015/07/19/235500