シーズン終盤の秋にちょっと足踏み。 – 2016 J2第33節ファジアーノ岡山vsV・ファーレン長崎 観戦

日本のプロサッカーリーグ・Jリーグのシーズンは春秋制。春にはじまり、秋に終わる。夏にも試合をするが、さすがに日中はプレーする方も観る方もキツいので、ナイトゲームの季節が続いてきた。まあ暑い日は夜になっても暑かった。

9月に入り、台風や大雨など大変な日もあるけど、ようやく過ごしやすい日が増えてきて、J2に所属するファジアーノ岡山の試合もそろそろ日中に実施される季節になってきた。

今シーズンのCスタでは最後のナイトゲームになった前回ホーム戦第31節vsレノファ山口FC戦は終了間際の得点で1-0の劇的勝利。

https://ishiharaken.com/entry/2016/09/23/fagiano-vs-renofa

そのあとファジアーノ岡山は、アウェー第32節でvsロアッソ熊本戦は0-0引き分け、天皇杯3回戦vs鹿島アントラーズ戦は1-2で惜しくも敗戦。

こうして迎えた2016年9月25日(日)のJ2第33節ファジアーノ岡山vsV・ファーレン長崎の対戦は、14:00キックオフ。久しぶりに昼間に実施されるホームゲーム。スポーツ観戦の秋を満喫すべく、岡山市内のシティライトスタジアムに午前中から出かけてきた。

しかし、秋空は移ろいやすく、試合も思い通りにはならなかった。

長崎戦は今日は雨だった。

前日に見た天気予報では、試合のある日曜日は「晴れ」マークになっていた気がしたけれど、当日はちょっと怪しい雲行き。

▼ようこそ長崎の皆様。

▼曇り空。このあとパラパラ雨降ってしまう。

「長崎=雨」的イメージから、勝手に「長崎さん雨を連れてきたかあ……」と思いがち。でも本当のところ、長崎県は特に雨が多いわけではないらしい*1

▼昨年のCスタでの長崎都の対戦時は雨降らなかったし。

https://ishiharaken.com/entry/2015/07/18/131904

まあ、雨の日になったけどCスタは「ハートフルレイニーデー」だよ。ファジアーノ岡山のホームゲームでは、スタジアム来場者に快適に過ごしてもらう「ホスピタリティ」を重視。たとえば、雨が降る日の取り組みは「ハートフルレイニーデー」として、手荷物が濡れるのを防ぐためのビニール袋を配布している。

▼「Challenge1」のホスピタリティ4つの取り組みについては、昨年のニュースリリースを参考にどうぞ。

2015 ファジアーノ岡山「Challenge 1」について記者会見を行いました。 | ファジアーノ岡山 FAGIANO OKAYAMA

もちろん、晴れの日でも雨の日でも、細かな「ホスピタリティ」=「おもてなし」を見つけることができるよ。みんなスタジアムで探してみよう!

▼僕はこの日はじめて気がついた。トイレの洗面台にさり気なくミニウェルカムボード。

岡山県民応援デー。

▼本日のイベント。この日は「岡山県民応援デー」。

▼岡山県ブースでは「応援ミサンガ作り」。

▼「チーム岡山!」ということで、「ファジアーノ岡山」「岡山湯郷ベル」「岡山シーガルズ」の選手が並ぶ豪華応援ボード。

▼「チーム岡山!」写真撮影ブース。手持ちのボードも用意されていて、スタッフの方に代わりに撮影してもらうこともOK。

▼肝炎無料検査会場も。基本的に岡山県民対象だけど、中核市である倉敷市は制度の違うので今回対象外、と若干ややこしいレギュレーション。ちなみに僕は昨年の健診で肝炎検査したので今回はパス。

▼この日は、人権啓発活動とファジアーノ岡山がタイアップ。先着5千名にクリアファイルが配布され、その中にも選手のメッセージが入っていた。

人権イメージキャラクター、左は「人KENあゆみちゃん」さん、右は「人KENまもる君」さん。スタジアムではいろんなキャラクターが入り乱れているよ!

▼そして岡山県といえば、岡山県警察。白バイ&パトカーがやってきたよ。

雨でも熱い、ファジフーズ。

▼本日のファジフーズ。長崎戦限定メニューたくさん。ガラポン抽選もあり。

▼その場で火を使って調理されるものあって、食欲がそそられる。

▼今回はコレ、長崎戦限定メニュー「対馬とんちゃんマウンテン丼」。

▼う〜ん、マウンテン!ボリューム満点!

▼キックオフ1時間前の状況。この頃になると売り切れメニューも多いので、お目当てはお早めに。

吹奏楽、大声コンテスト、チアリーディング。

▼ファジステージはタイトスケジュール。

▼「岡山一宮高校吹奏楽部演奏」。Jポップのヒット曲や、サッカーファンにはお馴染みの曲もあって楽しいよ!

▼チームへの愛を叫ぶ「大声コンテスト」。対戦相手の長崎サポーターからも参加あり。

▼「岡山学芸館高校チアリーディング部演技」。かなり飛んでる!もう少し高さが出れば、入場ゲート通らず中に入れるな!

屋根欲しいなあ……

▼キックオフ20分前。本日はこのあたりから。やはり前回よりお客様の入りが寂しいかな……

▼「岡山県民応援デー」なので「PREF 岡山」。雨ざらしのバックスタンド側の皆さんはポンチョ姿で応援。

▼メインスタンド側には屋根があるけど、屋根に覆われていない雨が当たる座席は見事に空席に……

▼ファジアーノ岡山は、Jリーグクラブライセンス制度の施設的水準において「トイレ・屋根のいずれも不足」という指摘を受けている。ハードウェア整備は大変だけど、スタジアムのホスピタリティ向上のためには避けて通れない。クラブライセンス制度は厳しいけど、幅広いお客様にスタジアムで快適に過ごしてもらうためには、やはり必要な条件なんだろうなあ。悩ましい問題。

今年も指摘のトイレ、屋根カバー率不足…22か所が制裁対象 | ゲキサカ[講談社]

遠いゴール。入場者数も厳しい。

▼キックオフ前には、岡山県の伊原木知事からの挨拶、そのあとファジアーノ岡山の木村社長に米俵が手渡された。ちなみに10月23日(日)が岡山県知事選挙であることとは関係ないはず*2

そして14:00過ぎにキックオフ。

Cスタでは、メインスタンド側からピッチに向かって左側がホームサポーター側にあたり、いつもならホームのファジアーノ岡山は前半に左から右へ、後半に右から左へと攻撃する。

しかし、この日はコイントスで長崎がピッチを選んだので、普段とは逆サイドからはじめることに。したがって、後半はホーム側サポーターから遠い方のゴールへ攻めることになる。

▼雨が降るなか、得点機会はあまりなく前半は0-0で終了。

▼ハーフタイム。学芸館高校チアリーディング部がピッチにも登場。3年生部員にとっては最後の舞台とのこと。沢山の観客の前で演技できてよかったね。本番の一瞬の演技のために積み重ねてきた準備の日々を勝手に想像して、最近オジサンは青春している姿に目から汗が出てくるわ。

後半に入ると、岡山も攻めを強め、何度か決定機を作り出すもなかなかゴールが遠い。両チーム無得点のまま試合終盤へ。

▼入場者数8,165人。7試合連続1万人超えは成らず残念。やはり雨とか運動会とか条件はキツいけど、それでも8千人超えたと受け止めるべき?いずれにしてもChallenge1の平均1万人以上への道はちょっと後退。

▼試合は結局スコアレスドローで終了。ほんとにゴールが遠かった。

youtu.be

▼う〜ん、残念。まあ勝ち点1は確保。負けなくてよかった。

▼皆様、雨の中スタジアムにお越しいただきありがとうございました!

いよいよ上位対決も控える10月。期待に胸高鳴る日々、しかしスタジアムに行けず悶える日々。

第33節ホームvs長崎戦を引き分けで終えたファジアーノ岡山は、勝ち点1を得たことで順位を1つ上げて第4位。しかし第2位にいる松本山雅FCが清水エスパルスに勝利したため、自動昇格圏までの勝ち点差は広がってしまった。

10月2日(日)の第34節でファジアーノ岡山はFC岐阜とのアウェー戦で5-0という大差で勝利。伊藤選手、押谷選手(2得点)、豊川選手(2得点)と3選手の得点でいわゆる「夢のスコア」。試合内容的にもほぼ岡山が支配して守備でも圧倒した充実の内容で勝ち点3をゲット。

▼第34節終了時点のJ2上位6チームの順位表。岡山は勝ち点61で第4位。第2位の松本とは勝ち点差6、第3位のC大阪とは勝ち点差2。

順位 クラブ名 勝点 試合数 得点 失点 得失点
1 北海道コンサドーレ札幌 74 34 22 8 4 54 23 31
2 松本山雅FC 67 34 19 10 5 49 26 23
3 セレッソ大阪 63 34 19 6 9 50 35 15
4 ファジアーノ岡山 61 34 17 10 7 49 30 19
5 清水エスパルス 60 34 17 9 8 64 33 31
6 京都サンガF.C. 53 34 13 14 7 38 30 8

▼10月の次節以降4試合では、松本、C大阪とも対戦。昇格争いの超大事な試合!この時期の勝敗結果によっては、岡山は自動昇格圏の第2位に入るかもしれない!

日付 対戦相手(第34節終了時順位) 開催地 会場
35 10月8日(土) 松本山雅FC (2) AWAY 松本
36 10月16日(日) セレッソ大阪(3) HOME Cスタ
37 10月23日(日) ツエーゲン金沢(21) HOME Cスタ
38 10月30日(日) 京都サンガF.C. (6) AWAY 西京極

ところが、なんと、残念ながら、僕は事情により超大事な10月のホームゲームをCスタへ観に行くことができない……無念(涙)。

特に10月16日のセレッソ大阪戦は、満員チケット完売の可能性もある試合なので、シーズンパスを持っていながら当日スタジアムに行けず人数にカウントされないのが申し訳ない。

もちろん、この昇格争いの大事な試合に立ち会えないくて、悶々しなければならないのは残念。でも仕方ないので、チームとスタジアムで応援してくれる人たちに託すしかない。

とりあえず今週末10月8日のアウェーvs松本山雅FC戦も気になるけど、10月16日のホームCスタで行われるvsセレッソ大阪戦に観戦するつもりでチケットを未だ買っていない人は急いでね!

Jリーグチケット

*1:どうも「長崎は今日も雨だった」の印象から、雨の日が多いような気がしていたけど、違うみたい。

統計によれば、都道府県別にみた2014年の降水日数では、長崎県は多い方から数えて20番目(ちなみに岡山県は第43位)。日数は全国平均をちょっと下回るくらい。

▼都道府県別の降水日数をざっくり比較してみた(Googleスプレッドシートで作成)。ただしこのデータは2014年分しか含まれていない。本来ならもっと長期間の平均を見るべきだろうけど。

長崎県の降水日数と全国との比較

▼データ出典。

統計局ホームページ/統計でみる都道府県のすがた

▼「長崎=雨」の印象は、たぶん有名な歌謡曲「長崎は今日も雨だった」の刷り込みのせいかな。今回は、福山雅治さんのバージョンでどうぞ。

長崎は今日も雨だった

長崎は今日も雨だった

  • 福山雅治
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

*2:現職の伊原木知事の任期満了に伴う岡山県知事選挙は10月23日投票。

今回、「岡山の奇跡」こと桜井日奈子さんが選挙への投票を呼びかけているよ!

https://youtu.be/VD_CeMG3lvgyoutu.be

はい、桜井さんに言われたら、忘れないよ。

▼桜井日奈子さん関連記事もどうぞ。

https://ishiharaken.com/entry/2015/11/22/011951

https://ishiharaken.com/entry/2016/03/26/HinakoSakurai